2017年

10月

20日

1mm製材

FWガキの頃、ヤングギター誌の広告に涎を垂らしていた楽器屋さんからリクエストがあり、ダメもとでトライしてみました。

お題はホリーウッド、ヴィンテージLPタイプのヘッドストックベニア材です。

ヘッドエッジの塗装が剥げ、露出する白い部分がこの木です。

通常は突板(木をぶよぶよに蒸した後、鋭い刃物で突き剥く)が用いられますが、今回はあえて、割板です。

世界で一番白い木
世界で一番白い木
もちのき科、木材界の雪見大福や~
もちのき科、木材界の雪見大福や~
実測1.3mm
実測1.3mm

鋸刃をビンビンに研いでもらい、そっと皮を剥ぐように板を押し当てていきます。

緻密な質感の木ですので、慌てなければ比較的安定して製材できます。

仕上がりは1.0~1.4mm前後、これ以上の製材精度を求めるのは無理なようです。

ちなみに1mmの板をとるのに、約1.5mmが切り粉になります。(笑、いや泣)

結論、多少質感がしょぼくても突板を貼った方がはるかにリーズナブルにできそうです。

 

せっかくなので枚数限定販売中

 

0 コメント

2017年

10月

19日

オセロウッド?

アフリカンブラックウッドは心材と辺材との色差が潔くて好きです。

ペン用の角材にしたのですが・・・・削ると排除されそうです。

一面はいい感じのサップバランス。
一面はいい感じのサップバランス。
その裏はベム黒
その裏はベム黒
サップはかさぶた状態でした。
サップはかさぶた状態でした。

お求めはこちらでどうぞ。

0 コメント

2017年

10月

17日

キューバンマホガニー

そろそろ食べごろになってきました、西インド諸島産のキューバンマホガニー。

時間とともに、木肌が赤身を帯びてくるのでマホガニー色?への着色は不要です。

近年材ゆえ、純血スモールリーフ種とは言い切れませんが、本家のDNAを強く継承している面構えです。

赤黒化進行中
赤黒化進行中
うっすらかーりー
うっすらかーりー
20世紀前半のドロップリーフテーブル上で。
20世紀前半のドロップリーフテーブル上で。

ドレッドノートB&S用で限定15セットのみ、ウェアハウスで販売中です。

詳しくはお問い合わせを。

0 コメント

2017年

10月

13日

カリンバール

2トーンとプレーンの2種類(シスターピースですが)入荷しました。

適度な大きさの瘤粒、バランスの良い杢行き、トップ材に適したセットだと思います。

#1・プレーン
#1・プレーン
#2・ツートン
#2・ツートン

お求めはこちらでどうぞ。

 

0 コメント

2017年

10月

12日

昭和のインドローズ第二弾

前回のデジマート連載で取り上げた哀愁のインドローズ大盤。

残っていたもう一枚をやっつけました。

この時代に、こんな材と再び戯れることができ感動しました。

前回よりでかい。長さ約3000mm
前回よりでかい。長さ約3000mm

丸太で輸入されていた時代ならではの遺物で、根に近い部分をたっぷり含んでいます。

木端だけでなく、全体的に杢っ気の強い盤です。

そもそも70mmの厚みがあるうえ、比重も高く、大変タフな作業になりました。

 

ごく一部ですが、解体後はこんな感じです。

もくもく
もくもく
部分的に赤紫のストリークが貫けています。
部分的に赤紫のストリークが貫けています。
インド象の化石状態・クラフト用大トロ部分
インド象の化石状態・クラフト用大トロ部分
クラフト用中トロ部分
クラフト用中トロ部分
モロ根っこ
モロ根っこ
スラントカーリー炸裂!楽器用中落ち部分。
スラントカーリー炸裂!楽器用中落ち部分。
今回の最大サイズ、大赤身。
今回の最大サイズ、大赤身。

全部で大中小15ピースほど取れました。(近日アップ予定)

外人さんにロッカーと呼ばれたウェアハウスで保管しております。

配送料高騰の折、お求めの際は、ぜひ自動車でお越しください。

 

 

0 コメント

2017年

10月

10日

価格見直し

カーリーコア・ランバーの在庫を、ひととり整理・陳列しましたので、それを記念?して

価格を全般的に少し見直しました。値上げではなく値下げなのでご安心を。

#104 NEW
#104 NEW
#103 NEW
#103 NEW
#102 NEW
#102 NEW
#101 NEW
#101 NEW

ハワイアンコアにかぎらず、良材の相場は軒並み上昇しています。

上昇しても買えれば良いのですが、タマ自体が見当たらない場合も出てきました。

木フェチさんが探しているモノは、皆同じ傾向のものです。

見かけた時が買い時、どうかお見逃しなく。(朝から煽り商法)

0 コメント

2017年

10月

09日

Sap Wood

サップウッド、樹種によっては使えないものもありますが、コアは比較的、心材との差が少なく、アクセントとしてよく使います。

モカケーキトーン・右側ウェット状態
モカケーキトーン・右側ウェット状態
3A+++
3A+++

こちらでどうぞ。

0 コメント

2017年

10月

08日

ペンブランク材新着

人気集中のバール材、バックアイ。

藍白ベースの素地にマルチカラーインクを高圧注入し、より立体的に杢を引き立たせています。と、同時にスタビライズ加工していますので直ぐに使えます。

レインボーカラー
レインボーカラー
こちらは未加工、素地のままです。
こちらは未加工、素地のままです。

それぞれ僅かですが、ペンブランク売り場に並べておきます。

お早めにポチっとな。 

0 コメント

2017年

10月

08日

ハアエパの展覧会

2年ぶりの開催です。菊川ハンドメイドギターショーVol.2。

今回は出展者も増えて会場も広くなって、フード&ドリンクコーナーも充実!

詳細はこちらのサイトで。

日本各地から楽器、エフェクター製作家、関連メーカー、そして木一点FINEWOODが集う展覧会です。参加者は、皆さん仲間でありながらライバル同士でもあるので、時々火花で木を焦がしてくれます。(バーニング専門のテクニシャンも参戦されます)

 

FWブースでは、この日のために特別に調達した材だけでなく、特価処分見切り赤字投げ売りコーナーも大展開予定。詳細は直前になりますが、こちらで紹介しますね。

 

11月最終週は、ぜひ菊川へお越しください。お待ちしております。

0 コメント

2017年

10月

06日

特ココボロ

独特なカラーリングと不思議杢が特徴のトゥルーローズウッド。

正統派の柾目ストレートグレインも悪くありませんが、こいつは変態杢に限ります。
リバース(柾目部分をセンターに)してもグー!
リバース(柾目部分をセンターに)してもグー!

こちらで販売中です。

 

現物は、外国人お客さんにロッカーと呼ばれたウェアハウスでもご覧いただけます。

どうかお見逃しなく。

 

エレキ用ドロップトップも追加しました。

#1
#1
#2ボーナスサイズ
#2ボーナスサイズ
0 コメント

2017年

10月

05日

万年カレンダー

以前紹介した木製万年カレンダーのプロト現物(コアベース)が手元に届きました。

実際に手にすると、写真より数段いいネです。

サイズはあの「オールウェイズカレンダー」とほぼ同じです。

価格、何とか4ケタに収まりませんでしょうか、Oさん。それはコアの価格次第って?

0 コメント

2017年

10月

04日

ワンピース

トーンウッドの世界では特に重要なキーワードです。通称わんピー!

何でもかんでもワンピースならいいってもんじゃないと思いますが、見た目の落ち着きは、接着面のないワンピースに分があります。

 

そんな折、貴重なご指摘をいただきました。販売中のマホ角材が2ピースに見えると。

そんなわけないやろ・・・ホンマや!
そんなわけないやろ・・・ホンマや!
タテ型でも
タテ型でも

木口にある垂直ないし水平のラインが精度の高い?接着面に見えます。

実は、これは切断時のソウマーク(丸鋸刃痕)なのです。

厚みのある材をカットするときに両側から刃を入れることにより、このような状態になります。刃の方向性による光沢差から色も違って見えますので、木目が繋がった2ピースに見えてもまったく不思議ではありません。

気が利くショップなら綺麗に磨いてから売るのでしょうが、あいにくそこはFWの仕事で

誠にあいすみません。

 

早速、商品名と説明に「1P」ないし「ワンピース」と追記しました。

今あるマホ1P角材はすべて、約20年前に輸入されたものを、国内で柾目に製材したものです。これから入手しずらい品質、価格であることは間違いありません。

どうか早めにこうてんか。(毎日くどい)

 

0 コメント

2017年

10月

03日

bay cedar

FWが扱っている木の中でも、一二を争うレア材、しかもバールです。

フロリダから中米、カリブ海周辺の海沿い砂地に生育し、成長してもたかだか高さ数m、直径10数cmの灌木らしいです。

そんな木のどこにこんなバールがくっ付いていたのか見たかったですね。

薄口
薄口
濃い口
濃い口

cedarと名はついていますが、いわゆる杉とは全く関係ありません。

バールも緻密で堅い質感を持っています。

難点は、知らずに入手したら、さっぱり何の木か分からないことでしょうか。

 

ええ仕事しますんで、どなたかこうてんか。

0 コメント

2017年

10月

03日

コア色々

小さいサイズですが、ちょいとよさげなカーリーコア入荷中です。

コアは高い!と言われることも多いですが、それなりのグレードを調達するにはそれ以外のグレード(素杢やら板目やら生材やら)も、たっぷり買わなければなりません。

#88
#88
#87
#87
#85
#85

気に入ったものだけを、直ぐ買うにはこちらが便利です。

お早めにポチっとな。

0 コメント

2017年

10月

02日

ブラジリアン祭り

ちょいとワケありのB&Sセットを放出します。

それぞれ、上手く補修していただければ、間違いなくいい仕事してくれる材です。

激重モヤモヤ杢
激重モヤモヤ杢
柾目&旭日フレーム杢
柾目&旭日フレーム杢
ボコテ風?ヘビーブラジリアン
ボコテ風?ヘビーブラジリアン

いつものこちらでどうぞ。

一覧で見ると、結構危険な杢が並んでいます。

0 コメント

2017年

10月

02日

妖怪ブラックウッド

この木は、どうしてもベムの顔色に見えます。

ベラのムチは痛いよ! 実家整理品より
ベラのムチは痛いよ! 実家整理品より
杢部分だけをペンブランクに製材しました。
杢部分だけをペンブランクに製材しました。
0 コメント

2017年

10月

01日

ホワイトベイト

南半球で獲れるシラスのような小魚をこう呼びます。

今が旬でニュージーランドやタスマニアの河口付近は大賑わいだそうです。

https://blogs.yahoo.co.jp/easterbunnyriz/25821520.html より拝借
https://blogs.yahoo.co.jp/easterbunnyriz/25821520.html より拝借

こちらは、FWのロング&少量セラーの「タスマニアン・ヒューオンパイン」

今まではシラスフィギャードとか肉割れ杢と呼んでいましたが、

これからはホワイトベイトで統一します。

 

アコースティック楽器のサウンドボードやクラフト製作におすすめです。薄板、ランバー各種あります。詳しくはお問い合わせください。

 

 

あっ、交渉の甲斐なく、本日から宅急便送料大幅値上がりました。

オークションなどで送料高っ、と思われるかもしれませんが、黒猫の仕業ですので

何卒ご容赦ください。

 

0 コメント

2017年

9月

29日

不良少年たちと素晴らしい悪女

まるでお芝居のようなタイトルがついたギターライブあります。

10月15日(日)15:00オープン 於カトリック世田谷教会(下北沢駅すぐ)

チューリップウッドギターの使い手、角圭司さんも不良少年?として参戦!

悪女?志野さん綺麗!
悪女?志野さん綺麗!

お問い合わせ、ご予約はこちらへ。

0 コメント

2017年

9月

29日

ドロップトップ

秋の夜長は楽器製作にかぎります。

FW大好物の3種が揃って入荷しました。

バックアイ・バール 4セットあり
バックアイ・バール 4セットあり
大量フジツボ発生中
大量フジツボ発生中
フィギャード・インドローズ with S 2セットのみ
フィギャード・インドローズ with S 2セットのみ
杢汁塗布後
杢汁塗布後
キルトメイプル 4セットあり
キルトメイプル 4セットあり

順次、ウェブショップに並べます。

お急ぎの方は、ウェアハウスでもご覧いただけます。

当日アポも歓迎です。

 

0 コメント

2017年

9月

28日

アマゾン

間違って当日配達を選択したら、本当にその日の夜に持ってきてくれました。

3日経ちますが、まだ箱を開けていません。嫌がらせみたいであいすみません。

 

こちらのアマゾンは翌日以降でお願いします。本物ローズウッドです。

テナーB&S
テナーB&S
コンサートB&S
コンサートB&S
ソプラノB&S
ソプラノB&S
0 コメント

2017年

9月

28日

パンダ

本日のウクレレ用おすすめ素材はこちら、くっきり2トーンのパンダスタイル黒柿です。

素材自体は昭和の柱なので枯れっ枯れの干柿状態です。

白黒反転
白黒反転

共木で2セットあります。

お求めはこちらでどうぞ。

0 コメント

2017年

9月

27日

ノルウェーの森

の、近くでケボナイズされた素材をウクレレネックに使ってもらいました。

バック&サイドのホンマホに比べるとキューバンマホのような色合いです。

超YGKさんのお仕事です。

基材のラジアータパイン(南半球の針葉樹)を特殊加工することにより、広葉樹のような比重、質感に替わると同時に堅牢性、物性安定が格段に高まります。

 

この時代、「セレクトハードウッド」としてケッボニーちゃんをおすすめします。

 

0 コメント