銘木刀

某所で面白いものを見つけました。

オヤジさん曰く縞黒檀だそうですが、どうみてもそうは思えません。もしや・・・。

US$3,000?
US$3,000?

木口を切って匂いをくんくん、ありゃま本紫檀でした。

明日から素振りに励みます。

2 コメント

Guitars

何やら楽しそうな展示会を教えてもらいました。

凄まじくアートな楽器?に会えそうです。

0 コメント

マダガスカリエンシス

国内ではあまりみかけないタイプのマダガスカルのローズウッド(Dalbergia madagascariensis)略してマダカリが入荷しました

学名からすると、資源量の多寡は別として、現地で最も古くから知られた存在のマダガスカルローズウッドだったのかもしれません。

柾目面
柾目面
板目面を斜めから
板目面を斜めから

比重はマダガスカルローズの中ではかなり低いです。ブラジリアン程度でしょうか。

ご覧のとおり、単色で大人しい木目です。

用途的にはギターネック材にドストライクな雰囲気です。

 

とすると、これまでマダカリだと思っていたこいつは・・・

引き続き、調査してまいります。

0 コメント

増補改訂

木フェチのバイブル、【原色】木材加工面がわかる樹種事典が、増補改訂され新発売されました。税込3,024円で289種、一種約10.5円、激安です。

 

表紙写真は前版と同じですが、新たに54樹種が追加掲載されています。

 

不肖FWも巻末の木材業者リストに掲載していただきました。行数最多!

充実!
充実!

 

出版を記念してトークイベントが開催されます。

〇日時:2019年1月31日(木)19:00~20:45

〇講師:河村寿昌(挽物の木工家)、西川栄明(編集者)

〇会場:誠文堂新光社イベントスペース 東京都千代田区内神田2-14-9〔神田駅(JR・東京メトロ銀座線)から徒歩3~4分〕 http://goo.gl/EteSQi

〇内容: ・木の特徴や性質、ロクロ加工時に感じる木の感触などについて共著者二人が語り合います。河村寿昌からは、挽物作家ならではのマニアックな話も聞けます。 ・河村寿昌がロクロで挽いた小箱(本に掲載)の一部展示 ・増補改訂版刊行に際し、新たに54種追加した木の見本(本に掲載した小箱に加工する前の木地)を展示。 

〇定員:20名(要参加申込、定員になり次第締切)

〇参加費:1,000円

〇参加申込:「1/31 樹種事典イベント参加申込」とタイトルをつけ、 ① 氏名 ②所属または職業 ③連絡先 をご記入の上、以下のメールアドレス(西川)へお申込みください。 E-mail: mokuiku7@gmail.com

〇主催: 誠文堂新光社

 

FWもリングサイドでかぶりつき観戦予定です。参加ご希望の方は早めにお申し込みください。(FINEWOODのブログで見た、知ったと書き添えていただければ、何かいいことあるかもしれません)

 

0 コメント

ローズウッド・スワンプ&バール

小片をさらに開くと面白い紋様が現われました。

ベリーズ(旧英領ホンジュラス)産のホンジュラスローズです。

 

ズームアップ!

しゃれオツなクラフト作品に生まれ変わる予定です。

0 コメント

カーリーコア

の、ウクレレ材を少々アップしました。

去年は価格高騰の煽りを受けてほとんど仕入れできませんでしたが、

その中でも細々と買い続けた3Aグレード以上のものを製材しました。

コンテナー#209
コンテナー#209
コンサート#49
コンサート#49
ソプラノ#76
ソプラノ#76

 

カーリー材が食傷気味な方は、

オールドファッション#50
オールドファッション#50

 

そして枯れ果てたような質感の、

コンテナー#75(マイフェイバリット!)
コンテナー#75(マイフェイバリット!)

お求めはこちらでどうぞ。

0 コメント

額装

してみました。ギターになる前にしばしフラット化作戦です。

同時代の壁紙が、MoMAにも展示されているらしいのですが、こちらは安物のA1ポスターフレームを流用、マット紙は裏台紙を中抜きしただけなので高級感皆無です

塩ビパネルが反射しまくり千代子。
塩ビパネルが反射しまくり千代子。

壁紙くん1号(TLタイプ)は、このどちらかでいきます。

ネックはブラジリアン予定!

0 コメント

マダガスカル

のローズウッドについて、ここ数年調べようと思いつつなかなか実行できなかったのですが、今年こそは動きたいと思っております。

写真は年末に入手したDalbergia maritima種です。

ペンブランク
ペンブランク

何せ、この島においては自然生物種の約90%が固有種であり、ローズウッドだけでも30数種が確認されているというおぞましさです。

うち、日本国内への輸入は多くとも5~6種のみと推測していますが、それさえ確認できていません。

 

目標は5種以上の同定(現在3種のみ)と、かなうならば現物入手です。

新たな輸入はほぼ不可能ゆえ、昭和時代に柱材など建材用として輸入されたブツだけがたよりです。

それらしきブツをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報提供ご協力お願いします。

0 コメント

今年もよろしくお願いいたします。

明日から通常営業いたします。

休業中にいただいたご注文も順次発送予定です。

発送まで今しばらくお待ちください。

0 コメント