元マリンバ

好んで木材のリクレイムに携わりますが、マリンバからのそれは初めてです。廃棄予定だった古い音板(極上ドMホンジュラスローズ)を預かりました。傷んだ板は音の均質性やイントネーションを損ない、濁り・ノイズの発生に繋がるので、新たに調律された板と交換されます。

右は伐りっぱなしホンローズ薄板
右は伐りっぱなしホンローズ薄板
デズニーランドのデぇ
デズニーランドのデぇ

厳しく選別された最高の素材は、入念な乾燥養生工程を施されたのち製品化され、さらに長年の使用も加わり、この世の木材とは思えないほどカッチカチのコキンコキンです。

ペンやナイフグリップなどに使えるサイズがとれそうです。

ご興味ありましたらお問い合わせください。

2 コメント

コア新着

楽しかったお見立て会も終わり、しばらくハワイでのんびりしたいなと思っていたら、またまた向こうからやって来てくれました。

今回は3の上から部分的には4Aといったグレードです。

長さ1200×幅200~250×厚み25mmのボードが6枚あります。

グリーン(生)材ですのでじっくり乾かしてからお使いください。

 

現物は来週後半以降になりますが、ウェアハウスでもご覧いただけます。

詳しくはお問い合わせください。

0 コメント

お見立て会

ハンクラ初日はHM(ヘビー木材)系ギタリスト大村孝佳氏を一日店長にお迎えした銘木お見立て会で盛り上がりました。

ガチセレクト、有難し。
ガチセレクト、有難し。

本日は旧店長のみで寂しく運営します。

売り物はまだまだございますので、ぜひお立ち寄りください。

 

0 コメント

本日のハンクラ

木材店長、15時頃御降臨予定です。

皆様、ぜひ熱い木材愛を聞きにお越しください。

0 コメント

アートペーパー#2

壁紙くん2号改め、アートペーパー#2完成しました。

詳しくはお問い合わせください。

0 コメント

ハンドクラフトギターフェス

いよいよ今週末に迫ってまいりました。

いつもの錦糸町マルイの上でお待ち申し上げております。

詳しくはオフィシャルサイトでご覧ください。

15回目を記念し、当店では特別お見立てゲストとして木材系ギタリスト様をお迎えし一日店長をお任せする予定です。いつ、何時からというわけではなく、来場時から突発ゲリラ的になるかと思います。ご本人から直接お求めいただいた方には材にサインおねだり可能かもです。

ちなみに当店の出し物予定としましては、

 ※エレキトップ材各種

 ※ウクレレ材各種

 ※指板材各種

 ※端材コーナー

 ※アコギトップ材少々(バック&サイド材はウェアハウスでどうぞ)

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

0 コメント

タモ・アッシュ

 

杢っ気のあるタモを、秘伝鏡開きの術でブックマッチにしてみました。

奥は鏡の中です。
奥は鏡の中です。

次回製材時に、挽割ってみたいと思います。

待てない方はお問い合わせください。

0 コメント

色見本

具として挟み込む材を選定するために、いくつかのパターンで作ってもらいました。BRW5Pネック用です。

左からデフォルトのサティーネ→ペルナンブコ→キューバンマホ→ホリーの順です。

ありがちなメイプルやウォルナットは外し、ビビッドな色、落ち着いた色を手持ち材からセレクトしました。

さて、どれがお気に召しますでしょうか。

0 コメント

伐採

けたたましいチェーンソーの音に引き寄せられ見に行くと、近所で大きな欅が伐られていました。

営業中のファミレス敷地内で。怖っ。
営業中のファミレス敷地内で。怖っ。
凄いバランス
凄いバランス

レストランの敷地は、元は農家の屋敷林だったようで、他にも大きな木が残っています。この丸太がどのような運命をたどるのかわかりませんが、綺麗なお姿でした。

0 コメント

「木のものづくり探訪

20人の仕事」展が絶賛開催中です。

今年は関東だけでなく、関西、北海道、長野、新潟の木工家の作品も展示されています。

大型連休の後半はお天気もよさそう、ぜひ探訪してください。

0 コメント

アサン

亜杉、和名は台湾杉です。日本の杉に比べてハリがあり、独特の亜熱帯色をした縞が目をひきます。

新宿御苑にも成木があるようです。木々全部で約1万本あるので、その中の一本を探してみましょう。まさに万が一ですが。

ウクレレ用のサウンドボード材で数セットあります。

お求めはこちらでどうぞ。

0 コメント

パープルハート

フィドルバックカーリータイプのそれを製材してみました。

杢っ気のある木ですが、こんなに細かいカールは珍しいかと思います。

左から製材後数週間、数日、数時間の順です。
左から製材後数週間、数日、数時間の順です。

製材直後の裸木は、さえないトーンですが、徐々に鮮烈な色味を放ち、やがて色だけでは材種特定困難なくらい暗くなります。北米湖岸の桟橋に使われていた同材をリクレイムしたことがありますが、それは冷蔵庫の奥で長年忘れ去られた自家製紫蘇ジュースのようなドドメ色をしていました。

ウクレレ用B&Sで3セットだけあります。

こちらからポチっとな。

0 コメント

心機一転

改めまして、令和時代も木フェチブログでよろしくお願いいたします。

ところで、前回の生前退位は202年前だったそうですが、同時代ないしそれ以前に伐採された木がありました。当店ではお馴染みのキューバのキューちゃんことキューバンマホガニーです。

リクレイム材
リクレイム材

令和時代になっても古い材の発掘は止められそうにありません。

0 コメント