自然系植物塗料

家具作家カスタマーさんから教えてもらったウレタンオイル。

仕上がりがしっとりとして綺麗なので当方オリジナルスピーカーにも採用予定です。

 

小分けで販売しているところを探していたら、この会社に行き当たりました。社名を3回唱えると、この人になります。ちなみにファン?であるY氏曰く、この曲がフェイバリットだそうです。

大橋塗料の社員!

2 コメント

和材新着

ドロップトップ用によさげでしたので2枚におろしてみました。

タモアッシュ、ロシア産かもしれませんが。

 

続いて、同じくドロップトップで

カエデのブリスターフィギャード

残った部分でウクレレサイズも。

たまには和モノもどうぞ。

0 コメント

ハワイアンコア・ウクレレ材新着

と、言いましても、以前からあるストックをアップしただけです。

しかしながら、この”以前からある”=シーズニング、枯らしの時間が大変重要なわけであります。

コンサート・コア×BRW#99
コンサート・コア×BRW#99
コンサート#31
コンサート#31
コンサート#27
コンサート#27

本場、欧州の材料屋さんではシーズニングフィーなる時間代が毎年数パーセントずつ加算されたりします。FWで公然と同じことをやったら嫌われそうなので、こっそりステルス転嫁したいのですが、とても管理できそうにありません。

 

お求めはこちらでどうぞ。

0 コメント

アートペーパー#3

再び登場のTLです。

おフランスの壁紙、最高です!

TL・Ver.2
TL・Ver.2

詳しくはこちらでシルヴプレ。

0 コメント

インテリア事業部

からは、壁紙通信です。

本来の目的から激しく逸脱した施工計画で相すみません。

ローズガーデンのソプラノ
ローズガーデンのソプラノ
ハイビスカスのパイナッポー
ハイビスカスのパイナッポー

基材はブラックコアとオールドホンマホの猪木・藤波的タッグでお届けします。令和元年真夏完成予定!

0 コメント

オーディオ部

お久しぶりね、オーディオ部からです。

ハンドメイドによるプロトモデル完成からずいぶん経ったのですが、やっと本生産に向けて道が開けそうです。ソリッド・トーンウッドスピーカー、いわゆる無垢削り出しちゅうやつです。(突板と対極の発想!)

T100mmのオールドホンマホ(ナチュラルドライ)
T100mmのオールドホンマホ(ナチュラルドライ)

装置の加工可能サイズに限界があるため、プロトよりややコンパクトになりますが、ユニットの実力は市販のパーティクルボード箱で確認済み、これがソリッド材に変わった時にどうなるか(鳴るか)が、実に楽しみであります。ニアフィールドで得られる良質なサウンドだけでなく、身近に置いてシャレオツな木アイテムであることを目指します。

こんな装置でキュルキュルと。
こんな装置でキュルキュルと。
0 コメント

木の文化フォーラム

第68回のテーマは「突板(つきいた)とは何か」~製造工程、木の種類、活用方法など、突板について徹底解説していただきました。

不肖FW、フォーラム初参加であります。Nさま、お誘いいただき有難うございました。

テキストは北三さんの総合カタログ!
テキストは北三さんの総合カタログ!

印象に残ったのは、

突板の3D曲面使用例
突板の3D曲面使用例
チコちゃんのヅラではない
チコちゃんのヅラではない

どんなハイテク技術で施工するのかと思いきや、

カッティングパターンの工夫と職人力によるものでした。

突板というのは、木であって木でないような、とはいえフェイクやイミテーションとも違う不思議な存在なのですが、今回のフォーラムでその存在意義、利用価値の高さを再認識しました。

 

手持ちのBRW突板も少なくなってきましたが、さらに有効活用をすすめたいところです。

0 コメント

Ver.2

進行中です。Ver.1と同じ仕様ですが、絵柄の取り方が異なっています。

近日発売予定です。

壁紙シリーズのウクレレも出来るらしい!

音への影響?これから考えましょう。

0 コメント

コアボードA

ここぞの広幅一枚です。

未来の貴方ために投資してください。(未乾燥材をポジティブシンキングに表現)

本柾目AAAグレード
本柾目AAAグレード

お求めはこちらでどうぞ。

0 コメント

リクレイムド・インディアン再び

昭和の建材からリクレイムしたインディアンローズウッドです。

色、木目、比重感とも相変わらず素晴らしいものです。

先日の古丸太は地下取引(ウェアハウスのことね)でほぼ完売ゆえ、自家用ストックを放出します。

マスターグレード
マスターグレード
AAAグレード
AAAグレード

こちらでどうぞ。

0 コメント

一番

昼過ぎにいったん自宅に戻ると、周辺が何やらざわついている、すわ事故か事件か!いや、ラジオのD蝮が近所の中華屋さんから生中継していただけでした。

拙宅から北北東を望む。明日の天気は晴れ(紫)
拙宅から北北東を望む。明日の天気は晴れ(紫)

何が一番かって、この店の親父さんはとにかく良く働く。真冬でも朝6時前にはカブで出勤し餃子用キャベツ(多分)を刻み始める。夜は21時を過ぎても鍋をふる音が響く。

アーカイブで聴いたら齢80過ぎ、店を構えて52年だそう。こんな毎日一生懸命働いている人にこそ国から何か褒章あげて欲しい。

 

と、その前に一度店に行ってみようかな。(出前は一度だけ頼んだことがあり、約20年前ですけど)

0 コメント

別注で

製材します、柾目の19世紀ヴィンテージ・キューバンマホ。

本物のキューバンマホ(テーブルトップ)を見つけるのも結構大変なのですが、そのほとんどは板目ないし追柾目なので、この4枚の柾目はとっても貴重なのであります。思い出したくないのですが、確かテーブル数台からこれだけです。

表面から見ると綺麗なのですが、裏面にはビス穴が複数あり、木取りに苦労します。でも、中から赤黒い木肌のキューちゃんが現われた時にそんな苦労は吹っ飛びます。

 

ヴィンテージ・キューバンマホガニーは

アコギ材ウクレレ材ペンブランク等でお求めいただけます。

 

2 コメント

マイクロベアクロー

ずいぶんストレスがたまっていたのでしょうか、これでもかと言うほど引っ搔かれています。

ジャーマンスプルース
ジャーマンスプルース

似たような感じで数セット入荷しました。

整理出来次第、ウェブショップで販売します。

お急ぎの方はウェアハウスでどうぞ。

0 コメント

インドローズの

ネック材が少量ですが入荷しました。

以前、紹介した40年以上前の半丸太から製材したものです。

色、比重感、香り等々、すべてにおいて古き良きイーストインディアンでした。

整理出来次第、ウェブショップに並べます。

お急ぎの方は、どうぞウェアハウスへお越しやす。

0 コメント

真夏日の

行楽帰りに、以前から行きたかった古物・古材ショップ探訪。

シャビーな世界を堪能させていただきました。

レスキュー古建材多数!
レスキュー古建材多数!
床も剥がしまくり。
床も剥がしまくり。
銘木柱材も!
銘木柱材も!
昭和の家具調SP
昭和の家具調SP
特価コーナー 鹿1,000円・イノシシ100円!
特価コーナー 鹿1,000円・イノシシ100円!

面白かったなぁ。

4 コメント

元マリンバ

好んで木材のリクレイムに携わりますが、マリンバからのそれは初めてです。廃棄予定だった古い音板(極上ドMホンジュラスローズ)を預かりました。傷んだ板は音の均質性やイントネーションを損ない、濁り・ノイズの発生に繋がるので、新たに調律された板と交換されます。

右は伐りっぱなしホンローズ薄板
右は伐りっぱなしホンローズ薄板
デズニーランドのデぇ
デズニーランドのデぇ

厳しく選別された最高の素材は、入念な乾燥養生工程を施されたのち製品化され、さらに長年の使用も加わり、この世の木材とは思えないほどカッチカチのコキンコキンです。

ペンやナイフグリップなどに使えるサイズがとれそうです。

ご興味ありましたらお問い合わせください。

2 コメント

コア新着

楽しかったお見立て会も終わり、しばらくハワイでのんびりしたいなと思っていたら、またまた向こうからやって来てくれました。

今回は3の上から部分的には4Aといったグレードです。

長さ1200×幅200~250×厚み25mmのボードが6枚あります。

グリーン(生)材ですのでじっくり乾かしてからお使いください。

 

現物は来週後半以降になりますが、ウェアハウスでもご覧いただけます。

詳しくはお問い合わせください。

0 コメント

お見立て会

ハンクラ初日はHM(ヘビー木材)系ギタリスト大村孝佳氏を一日店長にお迎えした銘木お見立て会で盛り上がりました。

ガチセレクト、有難し。
ガチセレクト、有難し。

本日は旧店長のみで寂しく運営します。

売り物はまだまだございますので、ぜひお立ち寄りください。

 

0 コメント

本日のハンクラ

木材店長、15時頃御降臨予定です。

皆様、ぜひ熱い木材愛を聞きにお越しください。

0 コメント

アートペーパー#2

壁紙くん2号改め、アートペーパー#2完成しました。

詳しくはお問い合わせください。

0 コメント

ハンドクラフトギターフェス

いよいよ今週末に迫ってまいりました。

いつもの錦糸町マルイの上でお待ち申し上げております。

詳しくはオフィシャルサイトでご覧ください。

15回目を記念し、当店では特別お見立てゲストとして木材系ギタリスト様をお迎えし一日店長をお任せする予定です。いつ、何時からというわけではなく、来場時から突発ゲリラ的になるかと思います。ご本人から直接お求めいただいた方には材にサインおねだり可能かもです。

ちなみに当店の出し物予定としましては、

 ※エレキトップ材各種

 ※ウクレレ材各種

 ※指板材各種

 ※端材コーナー

 ※アコギトップ材少々(バック&サイド材はウェアハウスでどうぞ)

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

0 コメント

タモ・アッシュ

 

杢っ気のあるタモを、秘伝鏡開きの術でブックマッチにしてみました。

奥は鏡の中です。
奥は鏡の中です。

次回製材時に、挽割ってみたいと思います。

待てない方はお問い合わせください。

0 コメント

色見本

具として挟み込む材を選定するために、いくつかのパターンで作ってもらいました。BRW5Pネック用です。

左からデフォルトのサティーネ→ペルナンブコ→キューバンマホ→ホリーの順です。

ありがちなメイプルやウォルナットは外し、ビビッドな色、落ち着いた色を手持ち材からセレクトしました。

さて、どれがお気に召しますでしょうか。

0 コメント

伐採

けたたましいチェーンソーの音に引き寄せられ見に行くと、近所で大きな欅が伐られていました。

営業中のファミレス敷地内で。怖っ。
営業中のファミレス敷地内で。怖っ。
凄いバランス
凄いバランス

レストランの敷地は、元は農家の屋敷林だったようで、他にも大きな木が残っています。この丸太がどのような運命をたどるのかわかりませんが、綺麗なお姿でした。

0 コメント

「木のものづくり探訪

20人の仕事」展が絶賛開催中です。

今年は関東だけでなく、関西、北海道、長野、新潟の木工家の作品も展示されています。

大型連休の後半はお天気もよさそう、ぜひ探訪してください。

0 コメント

アサン

亜杉、和名は台湾杉です。日本の杉に比べてハリがあり、独特の亜熱帯色をした縞が目をひきます。

新宿御苑にも成木があるようです。木々全部で約1万本あるので、その中の一本を探してみましょう。まさに万が一ですが。

ウクレレ用のサウンドボード材で数セットあります。

お求めはこちらでどうぞ。

0 コメント

パープルハート

フィドルバックカーリータイプのそれを製材してみました。

杢っ気のある木ですが、こんなに細かいカールは珍しいかと思います。

左から製材後数週間、数日、数時間の順です。
左から製材後数週間、数日、数時間の順です。

製材直後の裸木は、さえないトーンですが、徐々に鮮烈な色味を放ち、やがて色だけでは材種特定困難なくらい暗くなります。北米湖岸の桟橋に使われていた同材をリクレイムしたことがありますが、それは冷蔵庫の奥で長年忘れ去られた自家製紫蘇ジュースのようなドドメ色をしていました。

ウクレレ用B&Sで3セットだけあります。

こちらからポチっとな。

0 コメント

心機一転

改めまして、令和時代も木フェチブログでよろしくお願いいたします。

ところで、前回の生前退位は202年前だったそうですが、同時代ないしそれ以前に伐採された木がありました。当店ではお馴染みのキューバのキューちゃんことキューバンマホガニーです。

リクレイム材
リクレイム材

令和時代になっても古い材の発掘は止められそうにありません。

0 コメント