リクレイムド ウッド

ここ数年、店舗内装などを中心に古材、ヴィンテージウッド、バーンウッドなどの市場が活況のようです。

FWでは古い時代の家具や建材などに使われた木を指し、リクレイムドウッド(reclaimed wood)なる言葉を好んで使います。リサイクルやリユースではなく、回収・再生し新たな命を吹き込むといった意味合いが強いように思うからです。

 

ということで、本日のリクレイム君はこちら、BRWの小テーブルです。ローズ家具の本場ヨーロッパでも突板として使われることが多いのですが、これは天板、下板、トリム、脚がソリッドで作られています。

近日中に解体、製材する予定です。

もし、このまま使いたい方いらっしゃいましたら、早めにお知らせ下さい。ベッドサイドやソファーサイドにも良さげなサイズです。